困ったときの相談は

高齢者・障害者の権利擁護に関する相談・サービス

日常のお金の管理が出来ない人や福祉サービスの利用の仕方が分からない人は・・・

市社会福祉協議会がサポートする 日常生活自立支援事業

例えば 悩み

  • 福祉サービスの利用の仕方が分からない
  • 公共料金等の支払いに自信がなくて誰かに相談したい!!
  • 通帳や印鑑、証書などの大切な書類をよく無くしてしまう
  • 市役所から届く書類をどうしたらいいのかわからない

 などでお困りの方、ご相談ください。

ご利用できる方は

  • もの忘れのある高齢者等(認知症高齢者等)
  • 知的障害者等
  • 精神障害者等

 上記の方で、福祉サービスの利用手続きや,日常的な金銭管理を、自分ひとりの判断で行うことに不安のある方


※認知症と診断された高齢者や障害者手帳を有する方に限るものではありません。
※このサービスは、社会福祉協議会と利用者本人との契約に基づいて行うため、契約内容を理解できる能力が必要です。

※判断能力の低下等でこのサービスをご利用いただけない場合は成年後年制度の利用をおすすめします。

サービス利用の流れ

100048_02.png

サービス内容

〈基本サービス〉

①福祉サービス利用のためのお手伝い

 福祉サービスの利用のに関する情報提供や相談、福祉サービスを利用したりやめたりする手続き、入所・入院している施設・病院のサービスや利用に関する相談、福祉サービスに関する不満などを担当窓口へ申し出るための手続き

②日常生活に必要な手続きのお手伝い

 住民票の届け出や印鑑登録などの行政手続き、商品購入に関する簡易な苦情処理制度(クーリング・オフ制度等)の利用手続き

③日常的な金銭管理のお手伝い

 福祉サービス利用料、税金、社会保険料、公共料金、医療費等の支払い、毎日の生活に必要なお金の出し入れ、年金や福祉手当の受領に必要な手続き ※③のみの利用はできません。


〈オプションサービス〉

④大切な通帳や書類等のお預かり

 預貯金通帳や印鑑、年金証書や保険証書などの重要書類の保管

 ○保管できるもの

  預貯金通帳、年金証書、保険証書、不動産権利証書、契約書、

  実印、銀行印、

  その他実施主体が適当と認めた書類(カードを含む)

 ×保管できない物 

  宝石、書画、骨董品、貴金属類等   

       

利用料

定期訪問・金銭管理サービス 訪問1回につき1,300円
(別に1カ月につき300円の事務費がかかります)

大切な書類等のお預かり 1ヵ月につき500円

※ご相談から契約書の作成までは無料です。
※生活保護を受けている方については、基本サービスの利用料が免除されます。
※市町村民税非課税者は、基本サービスの利用料の2分の1を減免します。

問い合わせ先 TEL076-422-5135 

       FAX076-422-2684